はたしてこれはギャンブル?投資?


smmj74 ブックメーカーは、要は賭け率を提示して賭けを募る“賭け屋”のこと。そこで行う賭け:スポーツブック(スポーツベッティング)は、ギャンブルです。

しかし世間には、このスポーツブックを“ギャンブル”というより“投資”と捉えている人が少なくありません。事実、「ブックメーカー投資」と言う言葉も良く見聞きします。このスポーツブック、はたしてギャンブルなのか…投資なのか…?

では、そもそも、なぜスポーツブックが“投資法のひとつ”と見做されるのか、という点から見ていきましょう。スポーツブックが投資法に数えられる理由…それは、“アービトラージ”という手法にあります。

スポーツブックにおける「アービトラージ」とは、賭けの勝敗がどう転んでも同等の利益を手にすることができるよう、資金を上手く分配して賭けの対象両方に賭ける(両建て・もしくは三建てする)、構造上“リスクフリー”の投資法。

この投資法を実践すれば、理論上は、損するリスク“ゼロ”で利益を狙うことが可能になるため、スポーツブックを投資だとする見方が存在するのです。

さて、本題に戻りましょう。スポーツブックは、ギャンブルなのか投資なのか。アービトラージ手法を用いたスポーツブックには、理論上 “リスク” がありません。となれば、“投資だ”と言えそうですね。

ただし、なかなか理論通りに現実は進まないもの。タイミングを逃して両建てし損ねたり・ミスをしたり…ということも起こりやすく、アービトラージチャンスが発生しても、それを常に上手く活かせるとは限らないのが現実なのです。

理論的には100%リスクフリーであっても、実践するにあたってはリスクが生まれてしまい、リスクフリーとはいかないのが現実!

ですから「スポーツブックは、ギャンブルと投資、2つの面を持ったもの」。……このように考えておくのが無難ではないでしょうか。

なお、仕組みやシステムに慣れること・情報や知識を蓄えることにより、リスクを低減されることは可能になります。そのためぜひ、当サイトなどを利用して、スポーツブックに関する知識情報を身につけていってください。そうすることで、単なるギャンブルではなく、投資としてもスポーツブックを楽しむことができるようになるはずです!

リスク管理をしっかり


多少リスクを持っていますが、オンラインカジノはかなり増やせる可能性を持っています。普段利用しているギャンブルに比べれば、的中率が高くなっているので、そう簡単にお金が減ってしまうこともありません。安心してプレイできる環境が用意されています。

ギャンブルよりもリスク管理をしっかりしていれば、オンラインカジノでお金を結構増やすことができます。無理のないゲームプランを立てると同時に、少しでも稼げそうなゲームを狙うことが重要です。