バイナリーオプションで「マーチンゲール法」は有効なのか?


sdh7439874 バイナリーオプションは一定時間後のレートを予想するだけというシンプルなルールで人気となっています。
多くの初心者にとってもこのシンプルなルールのおかげで参加しやすいのですが、だからといって簡単に勝てるわけではないところがやはり投資の難しさです。
確かに適当に予想してもそこそこの確率で勝つことはできるのですが、それで利益を安定して出せるかというと別問題です。多くの初心者投資家は、勝ったり負けたりしながら少しずつ資金を減らしていくというパターンが多いようです。

バイナリーオプションがどんなにシンプルだとしても、きちんと勝つためにはやはりそれなりの戦略が必要になってきます。
さて、バイナリーオプションには様々な戦略がありますが、実際のところ本当に有効な戦略とはいったいどのようなものなのでしょうか。

まずバイナリーオプションの仕組みについて改めて考えてみますが、レートが上がるか下がるかという二者択一を基本としています。
他の分野で似たようなものとして、カジノのルーレットなどがあります。ルーレットは複雑な賭け方もできますが、赤か黒かというシンプルな勝負も魅力となっています。
ルーレットはバイナリーオプションよりも歴史があるため、これまでに様々な作戦が誕生してきました。中には有効ではないため消えてしまった作戦もありますが、現在でも有効とされる作戦がいくつか残っています。

ルーレットに限らずギャンブルの世界で特に有名な作戦として「マーチンゲール法」があります。
基本的な考え方としては、負けたときに次の掛け金を倍に増やしていくという方法です。2回目も負けた場合は、さらに倍にして賭けます。
最初に1ドル賭けたとしたら、2連敗で2ドル、3連敗で4ドル、4連敗で8ドル・・・といった感じで賭けていきます。ちなみに10連敗だと512ドルを賭けることになります。
なぜ倍にして賭けていくのかというと、途中で1勝でもできれば負けをすべて取り戻すことが可能だからです。どの段階で勝ったとしても最初の利益が固定で入ってきます。


さて今回の問題は、このマーチンゲール法がバイナリーオプションでどこまで有効なのかということです。
確かにバイナリーオプションも勝つか負けるかのシンプルな勝負ですので、この作戦が応用できそうな気もします。
バイナリーオプションでも何連勝もすることがある一方で、何連敗もすることもあるでしょう。そのときにマーチンゲール法を利用したとしたらどうなるのでしょうか。

マーチンゲール法には一度の勝ちですべてを取り戻せるというメリットだけではなく、明確なデメリットも存在します。
それは負けが続くとそれだけ次に用意しなければいけない資金が多くなってしまうということです。先ほども説明しましたが、たった1ドルの勝負も10連敗してしまえば512ドルが必要になります。
最初に投資した金額が大きければさらに莫大な金額が必要になってしまいます。もちろん10連敗なんてことは滅多にないでしょうが、ゼロではないのも確かです。

このようにバイナリーオプションでマーチンゲール法は応用できそうな気もしますが、そのまま流用するの難しいようです。
もしマーチンゲール法をバイナリーオプションで利用するのであれば、相場の流れを読みつつ、自分の資金と相談しながらピンポイントで利用するぐらいがいいのではないでしょうか。

リスク管理をしっかり


多少リスクを持っていますが、オンラインカジノはかなり増やせる可能性を持っています。普段利用しているギャンブルに比べれば、的中率が高くなっているので、そう簡単にお金が減ってしまうこともありません。安心してプレイできる環境が用意されています。

ギャンブルよりもリスク管理をしっかりしていれば、オンラインカジノでお金を結構増やすことができます。無理のないゲームプランを立てると同時に、少しでも稼げそうなゲームを狙うことが重要です。