アービトラージの最大のネック「マックスベット規制」って何?


sdhuew874 アービトラージを行う上で、最も大きな問題となるのが「マックスベット規制」です。各ブックメーカーでは、一つの試合に対して賭けられる賭け金の上限を「マックスベット」として定めています。マックスベットの金額はブックメーカーや試合によっても異なりますが、ここでは例として「700ドル」が賭けられるとしておきましょう。

何らかの問題があったとブックメーカーに考えられたアカウントは、ペナルティとしてブックメーカー側からマックスベットの上限を一気に引き下げられることがあります。昨日まで700ドルを賭けられたものが、今日になったら100ドル、10ドルしか賭けられない…なんて可能性もあるのです。

このような「マックスベット規制」は、一度規制されてしまうと解除してもらえる可能性が非常に低いと言えます。もちろん規制を受ければ問い合わせをすることもできますが、その規制理由などを明確にしてもらえることも少ないですし、解除してもらえない可能性大です。こうなってしまえばもう、アービトラージ取引にそのブックメーカーを使うことができません。

ブックメーカー側からしてみれば、アービトラージ取引を行うプレイヤーというのはあまり「良いお客さん」とは言えませんから、このような措置を受けてしまうのも致し方ないところとは言えるでしょう。マックスベットの規制ルールは明確にされておらず、少しでも規制に引っかかるような行為を行えば、即・規制ということになってしまいます。

現在のところこの規制に対して、完璧な対策というのは存在していません。世界中の多数のプレイヤー達をとりまとめている大企業「ブックメーカー」の調査の手を完全にすり抜けるのは残念ながら難しいと言えるのです。

とは言え、規制を受けないようにするための対策は既に考えられており、現在多数のアービトラージャー達がそのテクニックを駆使して取引を続けています。「規制を受けるまい」と意識をすることの有無で、規制対象となるパーセンテージは大きく異なってくると言えるでしょう。

リスク管理をしっかり


多少リスクを持っていますが、オンラインカジノはかなり増やせる可能性を持っています。普段利用しているギャンブルに比べれば、的中率が高くなっているので、そう簡単にお金が減ってしまうこともありません。安心してプレイできる環境が用意されています。

ギャンブルよりもリスク管理をしっかりしていれば、オンラインカジノでお金を結構増やすことができます。無理のないゲームプランを立てると同時に、少しでも稼げそうなゲームを狙うことが重要です。